コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラ・パキスの祭壇 アラ・パキスのさいだん Ara Pacis Augustae

1件 の用語解説(アラ・パキスの祭壇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラ・パキスの祭壇
アラ・パキスのさいだん
Ara Pacis Augustae

ローマ皇帝アウグスツスシリアイスパニア,ガリアを平定したのを記念して,前13~前9年にテベレ河畔のカンプス・マルチウスに建てた祭壇。「平和の女神の祭壇」とも呼ばれる。高さ 6m,幅 11.6m,長さ 10.6mの白大理石の壁に囲まれ,その外面は 2段に分かれ,上段は平和祝典の行列を表した浮彫,下段は唐草模様の浮彫で飾られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラ・パキスの祭壇の関連キーワードイスパニアノバイスパニアアウグストゥス神殿アウグスブルクの和議カエサラウグスタ劇場ラチュルビーティベリウスリウィアLeopold II(神聖ローマ皇帝)Leopold I(神聖ローマ皇帝)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone