コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラ・パキスの祭壇 アラ・パキスのさいだんAra Pacis Augustae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラ・パキスの祭壇
アラ・パキスのさいだん
Ara Pacis Augustae

ローマ皇帝アウグスツスがシリア,イスパニアガリアを平定したのを記念して,前13~前9年にテベレ河畔のカンプス・マルチウスに建てた祭壇。「平和の女神の祭壇」とも呼ばれる。高さ 6m,幅 11.6m,長さ 10.6mの白大理石の壁に囲まれ,その外面は 2段に分かれ,上段は平和祝典の行列を表した浮彫,下段は唐草模様の浮彫で飾られている。今日その断片がローマ国立美術館ウフィツィ美術館ルーブル美術館に収蔵されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アラ・パキスの祭壇の関連キーワードボスコレアーレ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android