コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラーデール Allerdale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラーデール
Allerdale

イギリスイングランド北西部,カンブリア県北西部の地区。西にアイリッシュ海,北西にソルウェー湾を望み,北はスコットランドと接する。海岸平野を除いて湖水が点在する山岳地帯で,カンブリア山地レークディストリクト国立公園の北西部を含む。西海岸には地区で最も人口が多いワーキントンとメアリーポートがあり,カンブリア炭田の石炭積出港として発展してきた。地区の行政中心地のワーキントンはリバプールグラスゴーの間で唯一の深水港で鉄鋼,金属工業があり,メアリーポートは靴,化学製品,プラスチックなどを積み出す。周辺の沿岸部ではオオムギ,ジャガイモなどが栽培され,酪農も盛ん。内陸部のケジックレークディストリクト(湖水地方)の主要な観光基地。カンブリア山地にはストーンサークル(環状列石)やローマ時代の遺跡,沿岸地方にはバイキングの墓所が残る。面積 1258km2。人口 9万3493(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android