コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリアス・サンチェス Arias Sánchez, Oscar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリアス・サンチェス
Arias Sánchez, Oscar

[生]1941.9.13. エレディア
コスタリカの政治家。裕福なコーヒー農園主の家に生れ,法学・経済学を学び,イギリスで政治学博士号を取得,1969~72年コスタリカ大学教授。国立大学理事,中央銀行理事,国立工科大学理事,76年ジュネーブ国際大学交流基金理事,77年ローマ南北円卓会議メンバーなどを歴任。 70~72年大統領経済顧問,72~77年計画相,78~82年国会議員,78~81年および 83~84年国民解放党 PLN書記長。 86年同党から大統領選挙に立候補して当選。 87年2月中米和平に関するアリアス案を発表し,アメリカがニカラグアの反政府武装勢力コントラの援助を停止することを和平の前提とした。8月グアテマラで開催された中米首脳会議は同案を基礎に「エスキプラス II」合意に達し,アリアスは同年のノーベル平和賞を受けている。国内面では債務問題解決のため緊縮政策と「社会契約」によるインフレ抑制に努め,89年ブレイディ計画に基づく債務削減を実現。 90年5月任期満了後学者生活に戻った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アリアス・サンチェスの関連キーワード国民解放党[コスタリカ]ラウラ チンチジャ9月13日

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アリアス・サンチェスの関連情報