コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルアイン アルアインAl Ain

デジタル大辞泉の解説

アル‐アイン(Al Ain)

アラブ首長国連邦アブダビの都市。名称はアラビア語で泉を意味し、首都アブダビの東約160キロメートル、内陸部のオマーンとの国境にあるオアシスに位置する。連邦大統領を務めた首長ザイードの旧邸宅、アルアイン博物館、大学などがある。

アル‐アイン(Al-Ayn)

オマーン北部、アフダル山西麓にある遺跡。青銅器時代に銅の採掘で栄え、遠くメソポタミアまで輸出していたと考えられている。保存状態のよい蜂の巣状の墳墓群が見つかっており、周辺のバットアルフトゥムの遺跡とともに、1988年に世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアルアインの言及

【アイン】より

…住民は2万~3万人ぐらい。通常アルアインal‐‘Ayn(〈泉〉の意)という。周辺の山からファラジュとよばれる地下水路(イランのカナートにあたる)によって水がひかれ,直径10kmにおよぶ緑の農村をつくっている。…

※「アルアイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルアインの関連情報