アルカリ炭酸塩(読み)アルカリたんさんえん(英語表記)alkali carbonate

岩石学辞典の解説

アルカリ炭酸塩

ソーダ石(natron)(Na2CO3・10H2O), 重炭酸ソーダ石(trona)(Na2CO3・NaHCO3・2H2O), ゲイリュウサイト(gaylussite)(CaCO3・Na2CO3・5H2O)のような炭酸アルカリの化学的堆積物で,他の炭酸塩,塩化物,硫酸塩などを伴って,ソーダ石またはナトリウム湖の中に産出する.この型の堆積物は乾燥地域に産し,メキシコ,米国ネバダ州,エジプト,サハラ砂漠,東アフリカのリフトバレーなどに産する[Hatch, et al. : 1938, Milton & Fahey : 1960].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android