コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカリ骨材反応 アルカリこつざいはんのうalkali-aggregate reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルカリ骨材反応
アルカリこつざいはんのう
alkali-aggregate reaction

セメントと骨材 (砂,砂利など) に水を加えて練り混ぜて硬化したコンクリートにおいて,アルカリ成分とシリカ成分の間で起こる化学反応。反応生成物であるガラス類似の物質は水分を吸収すると膨張し,コンクリートがひび割れて欠け落ちることさえある。原因は,川砂利に代わってシリカ分が多い岩の砕石や塩分を含む海砂利が使われるためと考えられる。 1977年に阪神高速道路橋脚で見つかったひび割れが,各地のビルや道路・鉄道の高架でも見つかって社会問題となった。ひび割れ部分に樹脂を塗布・注入して補修するが,根本的な補修法は知られていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アルカリ‐こつざいはんのう〔‐コツザイハンオウ〕【アルカリ骨材反応】

コンクリートに含まれるアルカリ性水溶液骨材中の成分が化学反応を起こし、その生成物の膨張によってコンクリートがひび割れを起こしたり、劣化したりする現象

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

アルカリこつざいはんのう【アルカリ骨材反応】

セメントなどのアルカリ成分が骨材と反応して膨張し、構造物にひび割れを起こす現象。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

アルカリ骨材反応の関連キーワードセメント

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android