コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルガルディ アルガルディ Algardi, Alessandro

2件 の用語解説(アルガルディの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルガルディ
アルガルディ
Algardi, Alessandro

[生]1595. ボローニャ
[没]1654.6.10. ローマ
イタリアの彫刻家,建築家。ボローニャで L.カラッチの門に入り,彫刻は J.チェザーレに学ぶ。一時マントバ公に仕えたが,1625年頃公の紹介でローマへおもむき,初めはおもに古代彫刻の修復に従事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アルガルディ【Alessandro Algardi】

1595か98‐1654
バロックの巨匠ベルニーニと対立する,イタリア17世紀古典主義彫刻の代表者。生地ボローニャのカラッチのアカデミーで教育を受け,1625年ごろローマに赴く。同門のドメニキーノフランス人画家プッサンらと同じく,バロック期ローマにおいて古典的流派を形成した。44年インノケンティウス10世即位とともに,ベルニーニ失脚後のローマ彫刻界の中心人物となる。代表作のレオ11世廟墓(1652)は,ベルニーニのウルバヌス8世廟墓が華美で装飾的であるのに反し,白大理石で端正なモニュメンタリティを示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアルガルディの言及

【バロック美術】より

…彼らに画家ピエトロ・ダ・コルトナが協力して作り上げたバルベリーニ宮殿大広間は盛期バロックの代表作である。ベルニーニに続くすぐれた芸術家としては,彫刻家アルガルディ,デュケノア(フランドル出身)などがあり,彼らはまた名人芸をもつインテリア・デザイナーや金工家らと協力して,スタッコや金めっきを駆使した絢爛豪華なバロック的空間を創出した。このようなバロック的空間の究極の例は,バチッチアおよびポッツォによるイリュージョニスティックな大天井画である(イル・ジェスー教会など)。…

※「アルガルディ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルガルディの関連キーワード新バロックバチッチアバロック音楽ボロミーニバロック真珠オーストリアン・バロック・カンパニーニーニーハニーロックベルリン・バロック・ゾリスデンピエトロ・ダ・コルトナ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone