コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルグーン・ハン(阿魯渾汗) アルグーン・ハンArghūn Khān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルグーン・ハン(阿魯渾汗)
アルグーン・ハン
Arghūn Khān

[生]1250
[没]1291
イランのモンゴル王朝,イル・ハン国第4代のハン (在位 1284~91) 。第2代アバカ・ハン (阿八哈汗) の子。イスラムに改宗した叔父アフマッド・タクダール (在位 81~84) を倒して即位。熱烈な仏教徒であったといわれる。 1288年にはユダヤ人医師サード・ウッダウラを財務大臣に任命して財政の建直しをはかったが,このユダヤ教徒の任命とその一族による要職の独占は,イスラム教徒たちの反発を買い,国内に動揺をもたらし,結局サード・ウッダウラはアルグーンが病没する直前に失脚し処刑された。外交面では,アルグーンは 88年と 90年の2回,キプチャク・ハン国軍の侵入を退け,マムルーク朝に対抗してヨーロッパのキリスト教諸国との同盟を策した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルグーン・ハン(阿魯渾汗)の関連キーワードガーザーン・ハン(合賛汗)ジュバイニー仏教徒建直し

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android