コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルケスナン王立製塩所 アルケスナンオウリツセイエンジョ

デジタル大辞泉の解説

アルケスナン‐おうりつせいえんじょ〔‐ワウリツセイエンジヨ〕【アルケスナン王立製塩所】

Saline Royale d'Arc-et-Senans》フランス東部、ドゥー県の都市ブザンソン近郊の町、アルケスナンにある旧製塩所。18世紀後半、ルイ16世の時代にフランス新古典主義の建築家クロード=ニコラ=ルドゥーが設計した。理想的な工業都市の中心的建築物として建設されたが、工場経営の悪化のため都市計画は中断。製塩所は19世紀末に操業を停止した。18世紀の画期的な工業都市計画をしのばせる建造物として評価され、1982年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アルケスナン王立製塩所の関連キーワード世界のおもなアカデミー陸弧玄武岩エイズ乾性土壌王道菅井悦子007カジノ・ロワイヤル007カジノ・ロワイヤル007カジノ・ロワイヤルアカデミー・デ・シアンス

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android