コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルケロン アルケロン Archelon

2件 の用語解説(アルケロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルケロン
アルケロン
Archelon

白亜紀後期の北アメリカの海に生息していた爬虫類カメ目の一属。体長 4m,体幅 3.7mという巨大な大きさのゆえに著名で,エール大学ピーボディ博物館にある骨格化石がよく知られている。頭骨は現生のウミガメとそっくりで,幅が狭く,長く曲った鉤状の口がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アルケロン【Archelon ischyros】

アメリカ,サウスダコタ州の白亜紀後期の海成層より産出した大ウミガメで,恐竜亀とも呼ばれた。甲羅の長さは3.4mに及ぶ。頭骨はがんじょうで,口先はワシのくちばしのように鋭くとがっている。肋骨は十分発達せず,互いに縫合しないために甲板の形成が不完全。周縁の骨板は連結している。腹甲は4枚の菊花状甲板からできている。前後肢とも5本指で,前肢が大きい。甲羅は鱗板が退化し裸皮に近かった可能性がある。【長谷川 善和】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルケロンの関連キーワードティラノサウルスファーゴアメリカンサウスダコタノースダコタダコタアルドモライトラシュモア[山]サウス・ダコタ[州]ブラック・ヒルズ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone