アルタのロック-アート(読み)アルタのロックアート

世界遺産詳解の解説

アルタのロックアート【アルタのロック-アート】

1985年に登録されたノルウェーの世界遺産(文化遺産)で、スカンジナビア半島最北部のフィンマルク県にある。1973年、半島最北端のノールカップ南西にあるアルタ近郊で、3000以上にも及ぶ岩面画が発見され、紀元前4200~前500年頃のものと推定された。石器時代初期や青銅器時代の狩猟・漁労民族が、海岸沿いや内陸部に小さな共同体を作って暮らしていた生活を知ることができる点などが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はRock Art of Alta

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android