コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルダブラ環礁 アルダブラカンショウ

2件 の用語解説(アルダブラ環礁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アルダブラ‐かんしょう〔‐クワンセウ〕【アルダブラ環礁】

Aldabra Atoll》セイシェル共和国の環礁。首都があるマヘ島から南西約1000キロメートルインド洋上に浮かぶアルダブラ諸島に属す。サンゴ礁が隆起してできた四つの島からなる。アルダブラゾウガメの生息地、タイマイアオウミガメの産卵地として有名。1982年、世界遺産自然遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

アルダブラかんしょう【アルダブラ環礁】

1982年に登録されたセーシェルの世界遺産(自然遺産)。セーシェルはアフリカ大陸から1300kmほど離れたインド洋に浮かぶ、115の島々からなる国である。同国の首都ヴィクトリアのあるマヘ島の南西1150km、マダガスカル島北端から北西約430kmの位置にあるアルダブラ群島にある。キリバス共和国のキリスィマスィ島(クリスマス島)に次いで世界第2位の面積を有する、長さ34km、幅14.5kmの環礁で、4つの珊瑚島から構成されている。ここはアルダブラゾウガメの生息地(15万頭)としても知られている。また、絶滅危惧種に指定されているタイマイアオウミガメの産卵場所や、固有種のクロトキ、ノドジロクイナ、グンカンドリなどの鳥たちの生息地としても知られている。◇英名はAldabra Atoll

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルダブラ環礁の関連キーワードジェミラスルツエイセーシェルセイシェルモン・サン・ミシェルマラソン世界遺産登録パリのセーヌ河岸ビンベットカのロック-シェルター群

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone