コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルダン高原 アルダンこうげんAldanskoe nagor'e

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルダン高原
アルダンこうげん
Aldanskoe nagor'e

ロシア東部,サハ共和国南部にある高原。北をアルダン川,南はスタノボイ山脈で区切られる。標高 700~1200mのところが多く,開析が進んでいる。 1200~1300mまではタイガで,その上はツンドラに移行する。北部に産金地アルダンがあり,ほかに鉄鉱,石炭などの資源がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルダン高原
あるだんこうげん
Алданское нагорье Aldanskoe nagor'e

ロシア連邦、東シベリア、サハ共和国の南部に位置する高原。南をスタノボイ山脈、北をレナ川沿岸台地に囲まれ、平均標高800~1000メートルの侵食平坦(へいたん)面の上に残丘をのせており、最高地点は2264メートルである。地質学的には楯状地(たてじょうち)で、おもに片麻(へんま)岩と結晶片岩類からなっている。河川は深い峡谷を刻み、斜面はタイガ(針葉樹林帯)で、岩の多い山頂部にはツンドラ(永久凍土帯)がある。金、石炭、鉄鉱などの鉱物資源がある。[小宮山武治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アルダン高原の関連キーワードアンガラ楯状地アムガ川

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android