コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルハンゲリスキー大聖堂 アルハンゲリスキーダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

アルハンゲリスキー‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【アルハンゲリスキー大聖堂】

Arkhangel'skii soborАрхангельский собор》ロシア連邦の首都モスクワの中心部、クレムリンにあるロシア正教会の大聖堂。16世紀初頭、イワン3世によりイタリアの建築家アレビシオ=ノービの設計で建造。14世紀にあった元の教会に続いて、ピョートル1世サンクトペテルブルグに遷都するまで、歴代のモスクワ大公とロシア皇帝の納骨堂になった。イコノスタシス(教会内陣の障壁)には、14世紀の画家フェオファン=グレッグ(ギリシャのテオファネス)によるイコンが残っている。アルハンゲリスキー寺院

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アルハンゲリスキー大聖堂の関連キーワードニジニーノブゴロド

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android