コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルバジーノ アルバジーノArbasino, Alberto

2件 の用語解説(アルバジーノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルバジーノ
アルバジーノ
Arbasino, Alberto

[生]1930. ボゲーラ
イタリアの作家。新前衛派に属し,バロック小説など新しい手法を展開した。小説『消えた少年の手記』L'anonimo lombardo (1959) ,『イタリアの同胞』 Fratelli d'Italia (63) ,『スーペル・エリオバガーロ』 SuperEliobagaro (69) ,『頑固な王子』 Il principe costante (72) ,評論集『オフ・オフ』 Off-off (68) ,『60の位相』 Sessanta posizioni (71) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルバジーノ
あるばじーの
Alberto Arbasino
(1930― )

イタリアの小説家、評論家。反ネオレアリズモと言語実験主義を唱えた「63年グループ」、さらに「新前衛派」に属して、小説と文明批評の2分野に活躍している。長編『消えた少年』(1959)は欧米の文学作品からの引用約180を脚注に組み込み、それらが本文と切れ目なく混合して、特異な批評小説になっている。小説の代表作では『イタリアの同胞』(1963、新版1976)、『スーペルエリオガバーロ』(1969)、『頑固な王子』(1972)、前衛的な評論集には『ある種の小説』(1964)、『オフ・オフ』(1968)、『作家の異相60』(1971)、またルポルタージュに『イタリアの幻影』(1977)、『この国に』(1978)など。注目すべきその後の作品に、詩集『詩のコンサート』(1983)、美術評論集『すばらしきもの、むしろ』(1985)がある。また、共和党選出の国会議員(1983~1987)にもなった。[河島英昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルバジーノの関連キーワード喜劇映画フランス映画ワールドカップ里見勝蔵スペリー熱雲映画理論カリブ文学新心理主義大衆文学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone