コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルバジーノ アルバジーノ Arbasino, Alberto

2件 の用語解説(アルバジーノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルバジーノ
アルバジーノ
Arbasino, Alberto

[生]1930. ボゲーラ
イタリアの作家。新前衛派に属し,バロック小説など新しい手法を展開した。小説『消えた少年の手記』L'anonimo lombardo (1959) ,『イタリアの同胞』 Fratelli d'Italia (63) ,『スーペル・エリオバガーロ』 SuperEliobagaro (69) ,『頑固な王子』 Il principe costante (72) ,評論集『オフ・オフ』 Off-off (68) ,『60の位相』 Sessanta posizioni (71) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルバジーノ
あるばじーの
Alberto Arbasino
(1930― )

イタリアの小説家、評論家。反ネオレアリズモと言語実験主義を唱えた「63年グループ」、さらに「新前衛派」に属して、小説と文明批評の2分野に活躍している。長編『消えた少年』(1959)は欧米の文学作品からの引用約180を脚注に組み込み、それらが本文と切れ目なく混合して、特異な批評小説になっている。小説の代表作では『イタリアの同胞』(1963、新版1976)、『スーペルエリオガバーロ』(1969)、『頑固な王子』(1972)、前衛的な評論集には『ある種の小説』(1964)、『オフ・オフ』(1968)、『作家の異相60』(1971)、またルポルタージュに『イタリアの幻影』(1977)、『この国に』(1978)など。注目すべきその後の作品に、詩集『詩のコンサート』(1983)、美術評論集『すばらしきもの、むしろ』(1985)がある。また、共和党選出の国会議員(1983~1987)にもなった。[河島英昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルバジーノの関連キーワードイタリアンイタリーANSAイタリアンカジュアルイタリア 150イタリア 150 トリオイタリアのハロルドイタリア料理の日イタリアーナパンテーラ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone