コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新前衛派 しんぜんえいはneoavanguardia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新前衛派
しんぜんえいは
neoavanguardia

1960年代に起ったイタリアの前衛文学運動。小説においてはネオレアリズモの破砕を,詩においてはエルメティズモへの異議申立てを唱えた。 1961年発刊の詩選集『最新人』に拠った実験詩人 A.ジュリアーニ,E.パリアラーニ,E.サングィネーティ,N.バレストリーニ,A.ポルタの5人を中心に,63年にはパレルモで前衛作家の全国集会を開き,A.グリエルミ,R.バリッリ,U.エーコ,F.コロンボ,A.アルバジーノら新進作家を加えて「グループ 63年」を形成した。さらに,67~69年には月刊誌『クィンディチ』を発刊,反体制的なイデオロギー運動を展開した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新前衛派
しんぜんえいは
Neoavanguardia

1960~70年代にイタリアにおこった文学運動。言語実験主義反体制運動とが複雑に絡まり合って、詩におけるエルメティズモ錬金術主義)批判と散文におけるネオレアリズモ批判とを骨子にした。A・ジュリアーニ編の実験詩アンソロジー『最新人』(1961)に結集した詩人たち、E・サングイネーティ、E・パリアラーニ、N・バレストリーニ、A・ポルタらが中心になり、63年にパレルモで第1回集会を開いたことから「63年グループ」ともよばれる。ベトナム反戦、学園闘争の時期には、先鋭な思想の同人誌『クインディチ』を発刊した。他の有力メンバーにU・エーコ、R・バリッリ、A・グリエルミ、E・フィリッピーニらがいた。
 1970年代に入ると、新前衛派は分裂する。1970年代から80年代にかけて、反体制運動が、思想の面だけにとどまるものと、過激な行動を実践するものとに分かれた。大出版社主フェルトリネッリの爆死(1972)、映画に新生面をひらきつつあったパゾリーニの撲殺(1975)、武装集団ブリガーテ・ロッセ(赤い旅団)による元首相モーロの誘拐殺害(1978)など、相次ぐ社会事件のなかで、責務を負った新前衛派の運動は分断され、個人の活動に還元されていった。
 そういう状況のなかで左翼知識人の大量逮捕を伴う「4月7日事件」(1979)が起こった。月刊誌『アルファベータ』を編集発刊していたバレストリーニを初め、元「新前衛派」の文学者たちも、激しい弾圧の下にさらされた。バレストリーニらはパリに亡命する。しかし事件が当局の捏造(ねつぞう)であり、バレストリーニらの無罪が確立したのは、1984年になってからである。
 ところで、2001年は、日伊両政府の合意により、「日本におけるイタリア年」と定められた。その最初の行事として、東京の銀座と九段で、「詩の祭典」が催された。そして文化使節に、1960年代前衛を代表するサングイネーティ、バレストリーニ、ジュリアーニ、レオネッティ、アルバジーノ(パリアラーニは腰痛のため欠席)らが来日した。思いもかけなかった、彼らの来日と詩的活動によって、新しい世紀の始まりを目ざす、イタリア文学の現状が、かなり明らかになった。[河島英昭]
『河島英昭「サングイネーティ――深い流れの淵からの声」(『すばる』2001年7月号所収・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

新前衛派の関連キーワード新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone