アルバノ山地(読み)アルバノさんち(英語表記)Colli Albani

世界大百科事典 第2版の解説

アルバノさんち【アルバノ山地 Colli Albani】

イタリア中部,ローマの南東約20kmにある山地。第三紀から第四紀初めにかけて噴出した火山岩から成り,アルバノ湖,ネミNemi湖の二つのカルデラ湖がある。最高峰はカーボ山(942m)で,無線基地になっている。ローマに近く,美しい景色に恵まれ,夏の暑気を逃れることができるため,古代ローマの頃から貴族や富裕階級の別荘地として知られ,現在でもローマ市民の行楽地である。ブドウの産地としても有名。アルバノ山地の丘の上にある一連集落はカステリ・ロマーニと呼ばれ,そのひとつカステル・ガンドルフォには教皇の夏の別荘がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android