コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルバノ山地 アルバノさんちColli Albani

世界大百科事典 第2版の解説

アルバノさんち【アルバノ山地 Colli Albani】

イタリア中部,ローマの南東約20kmにある山地。第三紀から第四紀初めにかけて噴出した火山岩から成り,アルバノ湖,ネミNemi湖の二つのカルデラ湖がある。最高峰カーボ山(942m)で,無線基地になっている。ローマに近く,美しい景色に恵まれ,夏の暑気を逃れることができるため,古代ローマの頃から貴族や富裕階級の別荘地として知られ,現在でもローマ市民の行楽地である。ブドウの産地としても有名。アルバノ山地の丘の上にある一連の集落はカステリ・ロマーニと呼ばれ,そのひとつカステル・ガンドルフォには教皇の夏の別荘がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルバノ山地の関連キーワード鈴木雄介森岡紘一朗競歩競歩グアンタナモ湾山崎勇喜バランキヤサラエボ・オリンピック冬季競技大会ラージャスターンの丘陵要塞群オゾン層

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone