コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルバート・アブラハム マイケルソン Albert Abraham Michelson

20世紀西洋人名事典の解説

アルバート・アブラハム マイケルソン
Albert Abraham Michelson


1852.12.19 - 1931.5.9
米国の物理学者
シカゴ大学物理学部長。
シチェルノ生まれ。
アメリカの物理学者で、海軍兵学校で物理学や化学の講師として活躍。1893年シカゴ大学物理学部長となる。精密な光速度測定の実験に尽力し、1881年マイケルソンの干渉計と呼ばれる干渉計を発明し、地球の運動が高速度にどのような影響を及ぼすかを研究した。1892〜93年干渉計を使用し、カドミウムのスペクトル線の赤色が単色波である事を究明。1907年それらの研究に対し、アメリカ人初のノーベル物理学賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

アルバート・アブラハム マイケルソンの関連キーワード清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android