アルバート・アブラハム マイケルソン(英語表記)Albert Abraham Michelson

20世紀西洋人名事典の解説

アルバート・アブラハム マイケルソン
Albert Abraham Michelson


1852.12.19 - 1931.5.9
米国の物理学者
シカゴ大学物理学部長。
シチェルノ生まれ。
アメリカの物理学者で、海軍兵学校で物理学や化学の講師として活躍。1893年シカゴ大学物理学部長となる。精密な光速度測定の実験に尽力し、1881年マイケルソンの干渉計と呼ばれる干渉計を発明し、地球の運動が高速度にどのような影響を及ぼすかを研究した。1892〜93年干渉計を使用し、カドミウムのスペクトル線の赤色が単色波である事を究明。1907年それらの研究に対し、アメリカ人初のノーベル物理学賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android