コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルブレヒト城 アルブレヒトジョウ

2件 の用語解説(アルブレヒト城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アルブレヒト‐じょう〔‐ジヤウ〕【アルブレヒト城】

Albrechtsburg》ドイツ東部、ザクセン州の都市、マイセンの旧市街、エルベ川見下ろす丘の上にある城。15世紀に建造された後期ゴシック様式の城で、1710年にザクセン選帝侯フリードリヒ=アウグスト1世の下、王立磁器製作所が開設された。1864年まで、中国や日本の磁器を模倣したマイセン磁器の製作が続けられた。アルブレヒトブルク城

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

アルブレヒトじょう【アルブレヒト城】

ドイツ東部、チェコとの国境に近いザクセン州の州都ドレスデン(Dresden)北西約25km、陶磁器の生産で世界的に有名なマイセン(Meiβen)にある古城。エルベ川に面した丘陵の上に建つ後期ゴシック様式の城郭で、かつてのマイセン辺境伯の居城である。1471~1483年にかけて築城され、その後改築・増築が行われ、1524年にほぼ現在の姿の城郭となった。すぐそばにマイセン聖堂がある。この城は、そのマイセン陶器の原点ともいわれる場所である。ザクセン選帝侯とポーランド国王を兼任した「強健王」アウグスト2世(1670~1733年)は、熱狂的な東洋磁器の蒐集家(しゅうしゅう)として知られていたが、白磁(はくじ)の自国生産を目指し、錬金術師ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーにその開発を命じた。ベトガーは1709年にその焼成に成功し、翌1710年にアルブレヒト城内に王立マイセン磁器製作所を設立し、本格的な陶器の生産を開始した。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルブレヒト城の関連キーワードカンチェンジュンガツィッタウベルヒテスガーデンアルザスロレーヌ東独ザイフェンザクセンアンハルトドレスデン城エルベ[川]ラチブシュ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone