アルベール グレーズ(英語表記)Albert Gleizes

20世紀西洋人名事典の解説


1881.12.8 - 1953.6.24
フランスの画家。
パリ生まれ。
1901年頃から印象派風の絵を書くが、’06年頃からはセザンヌの芸術にヒントを得てキュビスムに移行する。’11年にアンデパンダン展に作品を出し、’12年にはセクション・ドールのグループに大作刈入れ」を出品し、形態と色彩の単純化を求めたキュビスムの代表的作家となる。’15〜17年にはアメリカに滞在し、帰国後に神秘主義的傾向と抽象的画風を結合した作品を作り出した。著書にメツァンジェと共著の「キュビスム」(’12年)などがある。また代表作品に「コンボジション」(’39年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android