コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルボガスト Arbogast

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルボガスト
Arbogast

[生]?
[没]394.9.8.
フランク民族出身の古代ローマの将軍。グラチアヌス帝に仕えて騎兵長官に昇進,次いでウァレンチニアヌス2世の軍務長官として実権を握った。やがて帝と対立すると,392年おそらくウァレンチニアヌス2世を殺しローマの修辞学者 F.エウゲニウスを皇帝とし,異教の復活を企てた。しかしエウゲニウスを認めないテオドシウス1世に北イタリアのフリギドゥスの戦いで敗れて自殺した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアルボガストの言及

【リコメル】より

…後期ローマ帝国の将軍。異教徒のフランク人でアルボガストArbogast(ウァレンティニアヌス2世治下の実力者でエウゲニウスの擁立者)の伯父。377年グラティアヌス帝により皇帝大本営の将校団長官(コメス・ドメスティコルム)に任じられ,対西ゴート戦のためトラキアへ派遣されたのち,東方に残ってテオドシウス1世の下で軍司令官となる。…

※「アルボガスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルボガストの関連キーワードウァレンティニアヌス[2世]テオドシウスリコメル

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android