コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルミノケイ酸塩鉱物(アルミノ珪酸塩鉱物) アルミノけいさんえんこうぶつ aluminosilicate minerals

1件 の用語解説(アルミノケイ酸塩鉱物(アルミノ珪酸塩鉱物)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アルミノけいさんえんこうぶつ【アルミノケイ酸塩鉱物(アルミノ珪酸塩鉱物) aluminosilicate minerals】

SiO4四面体を基本構成単位とするケイ酸塩鉱物のうち,四面体位置のSiの相当量をAlが置換している鉱物の総称。長石,雲母,沸石,粘土鉱物などが該当する。地殻中に最も豊富に存在する元素のO,Si,Alを主成分とし,その代表格である長石族鉱物は,地殻体積の約60%を占めるといわれる重要な造岩鉱物である。ケイ酸塩鉱物ではSiO4四面体の重合度が増すにつれAl/Si比が大きいものが出現するという傾向がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルミノケイ酸塩鉱物(アルミノ珪酸塩鉱物)の関連キーワードMKSA単位系MKS単位系氏族制度重力単位系絶対単位系四面体正四面体織物組織アルミニウム排除則(地球化学)基本構想(農業経営基盤強化促進基本構想)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone