アルミノケイ酸塩鉱物(アルミノ珪酸塩鉱物)(読み)アルミノけいさんえんこうぶつ(英語表記)aluminosilicate minerals

世界大百科事典 第2版の解説

アルミノけいさんえんこうぶつ【アルミノケイ酸塩鉱物(アルミノ珪酸塩鉱物) aluminosilicate minerals】

SiO4四面体を基本構成単位とするケイ酸塩鉱物のうち,四面体位置のSiの相当量をAlが置換している鉱物の総称。長石,雲母,沸石,粘土鉱物などが該当する。地殻中に最も豊富に存在する元素のO,Si,Alを主成分とし,その代表格である長石族鉱物は,地殻体積の約60%を占めるといわれる重要な造岩鉱物である。ケイ酸塩鉱物ではSiO4四面体の重合度が増すにつれAl/Si比が大きいものが出現するという傾向がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android