アルメニア地震(読み)アルメニアじしん(英語表記)The Armenian earthquake of 1988

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アルメニア地震」の解説

アルメニア地震
アルメニアじしん
The Armenian earthquake of 1988

1988年12月7日,ソビエト連邦アルメニア共和国で起こったマグニチュード (M) 6.8の地震。スピタク地震ともいう。北部の都市スピタク,レニナカンクマイリ),キロバカンを中心とした範囲で住宅が多数崩壊,死者 2万5000人,負傷者 1万3000人,家を失った人 50万人という大被害を出した。また震源地では落差 2mの断層が生じた。北のユーラシアプレートと北進するアラビアプレートとが衝突する場所で起こったひずみの解放が原因とみられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android