コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンドルネフスキー大聖堂 アレクサンドルネフスキーダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

アレクサンドルネフスキー‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【アレクサンドルネフスキー大聖堂】

Hram-pametnik Sveti Aleksandar NevskiХрам-паметник Свети Александър Невски》ブルガリアの首都ソフィアの中心部にある、ブルガリア正教会の大聖堂。オスマン帝国支配を終わらせたロシアトルコ戦争におけるロシア兵の戦死者を追悼するため、19世紀末から20世紀初頭に建造。ネオビザンチン様式の聖堂で同国最大級。高さ60メートルのドームがあり、約5000人の収容が可能。内部にはイコンの博物館がある。アレクサンドルネフスキー寺院。
Aleksander Nevski katedraal》エストニアの首都タリンの旧市街西部トームペアの丘の上にある、ロシア正教会の大聖堂。帝政ロシア時代の19世紀末から20世紀初頭にかけて建造。同国の独立時に、ロシア支配を想起させる建物として移転が計画されたが、実現には至らなかった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アレクサンドルネフスキー大聖堂の関連キーワードアウグストゥス神殿聖サワ教会バルナ大聖堂聖ゲオルギ教会聖ステファン教会聖スパス教会聖ディミタル教会聖ナウム修道院聖ニコライロシア教会聖パンテレイモン修道院

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android