コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクシ Jacques Stéphen Alexis

世界大百科事典 第2版の解説

アレクシ【Jacques Stéphen Alexis】

1922‐61
ハイチの作家。独立革命の指導者デサリーヌを先祖に持つ名門の出。フランス留学中,セゼールやサンゴールからネグリチュード文学を,サルトルから実存主義を,フローベールとゾラから批判的リアリズムを,そしてゴーリキーとエレンブルグから社会主義リアリズムを摂取し,〈驚異的リアリズム〉という独自の手法を開拓した。作品《太陽将軍》(1955)は,日本にも紹介された。【神代 修】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アレクシの関連キーワードコンラート・フォン・ウュルツブルクエンジェル・アット・マイ・テーブルマルグリット ユールスナールアレクシス ヴァイセンベルグアルプスのスキーボーイ大阪国際フェスティバルローリング・ストーンズニケタス・コニアテスアルフォンソ ピクーサン・ジョン・ペルスニコス カザンザキスアウグスティヌス会ヘンリー セアールテオドロス[1世]アンナ・コムネナアンナ・コムネナトレビゾンド帝国ブリュエンニオスヨハネス(2世)アレクシウス5世

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アレクシの関連情報