コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アワブキ科 あわぶきか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アワブキ科
あわぶきか
[学]Sabiaceae

双子葉植物、離弁花類。高木もしくは低木。藤本もある。葉は単葉または羽状複葉。花は小さく5数性で放射相称。花弁は5枚、うち2枚は小さな鱗片(りんぺん)状になるものがある。雄しべ5本は花弁と対の位置につき、その2~3本は仮雄蕊(かゆうずい)となるものがある。果実は液果状または裂開しない乾果、側面に永存性の花柱がある。東アジア、アメリカの熱帯から温帯にかけて分布し、3属60種ほど知られる。日本にはアワブキ属6種、アオカズラ属1種が分布する。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アワブキ科の関連キーワードアワブキ(泡吹)アオバセセリミヤマホウソ深山ホウソアオカズラスミナガシアワブキヤマビワ深山柞山枇杷泡吹垂豆腐木癲癎坊山崎青葛泡吹乾果

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android