アワブキ科(読み)あわぶきか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アワブキ科
あわぶきか
[学]Sabiaceae

双子葉植物、離弁花類。高木もしくは低木。藤本もある。葉は単葉または羽状複葉。花は小さく5数性で放射相称。花弁は5枚、うち2枚は小さな鱗片(りんぺん)状になるものがある。雄しべ5本は花弁と対の位置につき、その2~3本は仮雄蕊(かゆうずい)となるものがある。果実は液果状または裂開しない乾果、側面に永存性の花柱がある。東アジア、アメリカの熱帯から温帯にかけて分布し、3属60種ほど知られる。日本にはアワブキ属6種、アオカズラ属1種が分布する。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android