コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンギオテンシン変換酵素 アンギオテンシンヘンカンコウソ

2件 の用語解説(アンギオテンシン変換酵素の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アンギオテンシン‐へんかんこうそ〔‐ヘンクワンカウソ〕【アンギオテンシン変換酵素】

《「アンジオテンシン変換酵素」とも》血管内皮細胞の表面に存在し、アンギオテンシンⅠをアンギオテンシンⅡに変換する酵素。この作用を妨げるアンギオテンシン変換酵素阻害薬ACE阻害薬)は降圧薬心不全の治療薬として用いられる。ACE(エース)(angiotensin-converting enzyme)。
[補説]アンギオテンシンは血液中に存在するペプチドの一つで、Ⅰ~Ⅳの4種類がある。このうちアンギオテンシンⅡ~Ⅳには細動脈の平滑筋を収縮させ血圧を上昇させる作用や、副腎皮質アルドステロンの分泌を促進する作用などがある。アンギオテンシンⅡは特に強い血圧上昇作用をもつ。アンギオテンシンⅠにはそうした生理活性はない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アンギオテンシン変換酵素

 [EC3.4.15.1].アンジオテンシン変換酵素ともいう.アンギオテンシンIをIIにするペプチダーゼで,アンギオテンシンIのC末端のHis-Leuを遊離させる.この作用で,アンギオテンシンIIが生成するので,この酵素が働くと血圧上昇をもたらす.この酵素の阻害剤は,血圧降下剤として用いられる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンギオテンシン変換酵素の関連キーワードアンジオテンシンアンギオテンシン変換酵素阻害薬アンジオテンシン変換酵素アンジオテンシン変換酵素阻害薬ACE阻害薬アンギオテンシノーゲンアンギオテンシン変換酵素阻害剤カプトプリルジペプチジルカルボキシペプチダーゼレニン-アンギオテンシン系

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンギオテンシン変換酵素の関連情報