コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンギオテンシン変換酵素 アンギオテンシンヘンカンコウソ

デジタル大辞泉の解説

アンギオテンシン‐へんかんこうそ〔‐ヘンクワンカウソ〕【アンギオテンシン変換酵素】

《「アンジオテンシン変換酵素」とも》血管内皮細胞の表面に存在し、アンギオテンシンⅠをアンギオテンシンⅡに変換する酵素。この作用を妨げるアンギオテンシン変換酵素阻害薬ACE阻害薬)は降圧薬心不全の治療薬として用いられる。ACE(エース)(angiotensin-converting enzyme)。
[補説]アンギオテンシンは血液中に存在するペプチドの一つで、Ⅰ~Ⅳの4種類がある。このうちアンギオテンシンⅡ~Ⅳには細動脈の平滑筋を収縮させ血圧を上昇させる作用や、副腎皮質アルドステロンの分泌を促進する作用などがある。アンギオテンシンⅡは特に強い血圧上昇作用をもつ。アンギオテンシンⅠにはそうした生理活性はない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

アンギオテンシン変換酵素

 [EC3.4.15.1].アンジオテンシン変換酵素ともいう.アンギオテンシンIをIIにするペプチダーゼで,アンギオテンシンIのC末端のHis-Leuを遊離させる.この作用で,アンギオテンシンIIが生成するので,この酵素が働くと血圧上昇をもたらす.この酵素の阻害剤は,血圧降下剤として用いられる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

アンギオテンシン変換酵素の関連キーワードジペプチジルカルボキシペプチダーゼ老化にともなう循環器の病気と症状アンギオテンシン変換酵素阻害剤サルコイドーシスに似ている病気アンジオテンシン変換酵素阻害薬レニン腎性高血圧/腎血管性高血圧アンギオテンシノーゲンサルコイドーシス原発性肺高血圧症特発性心筋症スポーツ医学カプトプリル糖尿病性腎症腎硬化症

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android