コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アングレン Angren

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アングレン
Angren

ウズベキスタン東部,タシケント州の都市。首都タシケントの東南東約 80km,シルダリア支流のアングレン川にのぞむ。アングレン炭田の中心都市で,炭鉱集落から発展し,1946年市となった。石炭地下ガス化工場,火力発電所,建設資材工場などが立地。教育大学がある。タシケントと鉄道,ハイウェーで結ばれる。人口 13万 2600 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アングレン
あんぐれん
Ангрен Angren

中央アジア南部、ウズベキスタン共和国の都市。人口12万8600(1999)。シルダリヤ右岸の支流アングレン川の左岸に位置し、タシケント―コーカンド間の自動車道に沿っている。炭田の中心として、1946年以後急速に発展した。石炭ガス化の地下施設、水力発電所、建設材料の工場などがある。[加藤九祚]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アングレンの関連キーワードアルマルイク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android