コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンタゴニスト

栄養・生化学辞典の解説

アンタゴニスト

 拮抗薬,括抗剤,遮断薬ともいう.受容体アゴニストの結合を阻害して活性発現を妨げる物質であるが,それ自体に受容体と結合する能力はない.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンタゴニスト(antagonist)

生体内の細胞の受容体に結合し、神経伝達物質ホルモンなどの作用を阻害する物質の総称。受容体に優先的に結合する競争的阻害薬や、受容体の構造に影響を及ぼすことで結合を阻害する非競争的阻害薬として利用される。拮抗薬。拮抗剤。遮断薬。ブロッカー。→アゴニスト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アンタゴニストの関連キーワードアドレナリンレセプターオピオイドペプチドプロプラノロールワルファリンプラゾシン血圧降下剤シメチジンアトロピン体外受精拮抗物質α遮断剤

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android