コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンタルキダス Antalkidas(Antialkidas)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンタルキダス
Antalkidas(Antialkidas)

[生]?
[没]前367
古代ギリシア,スパルタの将軍,政治家。アンチアルキダスとも呼ばれる。コリント戦争末期,ペルシアシラクサの援助を得て,アテネを無力化して,ギリシア諸都市を強制し,前 386年アケメネス朝ペルシアに小アジアのギリシア諸市の支配権を認める条約 (アンタルキダスの和約 ) を締結した。その後ペルシアとの外交に失敗,自殺した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンタルキダス【Antalkidas】

?‐前367
スパルタの外交家。アテナイがペルシアの資金で海軍を再建し勢力を回復すると,スパルタは再びペルシアとの同盟を策した。彼はこの交渉にあたり,前387年(または前386)にアルタクセルクセス2世と条約を結ぶことに成功。これをアンタルキダス条約と呼ぶ。その後もペルシアとの交渉にあたるが,レウクトラの戦以後ペルシアはテーバイ寄りとなり,彼は前367年の交渉に失敗して自殺した。【古山 正人】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アンタルキダスの関連キーワードアルタクセルクセス[2世]総合年表(ヨーロッパ)アテナイ第二海上同盟アンタルキダスの条約テーベ(ギリシア)レウクトラの戦いエパミノンダスコリントス戦争ペルシア帝国ボイオティアアゲシラオスエワゴラス大王の和約

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android