コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンタルキダス アンタルキダス Antalkidas(Antialkidas)

2件 の用語解説(アンタルキダスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンタルキダス
アンタルキダス
Antalkidas(Antialkidas)

[生]?
[没]前367
古代ギリシアスパルタの将軍,政治家。アンチアルキダスとも呼ばれるコリント戦争末期,ペルシアシラクサの援助を得て,アテネを無力化して,ギリシア諸都市を強制し,前 386アケメネス朝ペルシア小アジアのギリシア諸市の支配権を認める条約 (アンタルキダスの和約 ) を締結した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アンタルキダス【Antalkidas】

?‐前367
スパルタの外交家。アテナイがペルシアの資金で海軍を再建し勢力を回復すると,スパルタは再びペルシアとの同盟を策した。彼はこの交渉にあたり,前387年(または前386)にアルタクセルクセス2世と条約を結ぶことに成功。これをアンタルキダス条約と呼ぶ。その後もペルシアとの交渉にあたるが,レウクトラの戦以後ペルシアはテーバイ寄りとなり,彼は前367年の交渉に失敗して自殺した。【古山 正人】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンタルキダスの関連キーワードアテナイペルシア戦争リュサンドロス外交家スパルタ式ペルシア猫スパルタスロンアンタルキダス条約コリントス戦争マンティネイアの戦

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone