コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンタンダン intendant

翻訳|intendant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンタンダン
intendant

17~18世紀フランスにおいて,中央集権を推進する国王政府が各地方に派遣した直轄行政官僚。地方監察官,知事などと訳されるが,正式名称は「司法・警察・財務の監察官」 intendant de justice,police et financesといわれ,この3権限をもって地方を中央の国王政府に直結させようとした。官職保有者層と異なり,売官と相続が禁止された近代的行政官僚として集権的近代主権国家形成のにない手になった。 1629年の『ミショー法典』 Code Michauによって正式に定められたが,高等法院や旧官僚,地方勢力の反発が強くフロンドの乱の一原因となった。 61年以降のルイ 14世親政時代になって制度として定着した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンタンダン【intendant】

17~18世紀フランスの地方徴税区に配置された行政官。その起源は騎馬巡察審理官にさかのぼるとされるが,常設の行政官として各地方徴税区に任命され,集権化の役割を担うようになったのは1680年以降である。正式官職名〈警察・裁判・財務の監察官,国王委任官〉に示されているように,中央政府の指令を執行し,管区内の下級裁判,治安警察,税務の各機関の後見と調査報告の任務をもった。18世紀に入ると,貧民対策から施療院の監察,都市財政の後見から王立工房設営,道路網の建設などもその管轄下におかれ,啓蒙専制政治と初期行政国家の担い手となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アンタンダンの関連キーワードリシュリュー(Armand Jean du Plessis de Richelieu)コンセーユ・デュ・ロアインテンデンシアシャトー=ルノーブーランビリエインテンデンテブルゴーニュブルターニュフランス史チュルゴーモンペリエクロアシーカロンヌチュルゴオーリイマショーフーケ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android