アンダマン語(読み)アンダマンご(英語表記)Andamanese language

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンダマン語
あんだまんご
Andamanese

ベンガル湾のアンダマン諸島の先住民であるネグリトによって話される言語。その話し手の人口は徐々に減少し、現在では絶滅したかと思われる。方言的には、北部方言、中部方言、南部方言に分かれ、南部方言がもっとも古い特徴を残存させているといわれる。接辞、とくに接頭辞が重要な役割を果たし、複雑な文法構造を有しているらしい。系統的には他のどの言語からも離れている。アフリカのネグリロなどが現在自らの言語をもたないのに対し、この言語は、ピグミーが例外的に有する固有言語である。

[湯川恭敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

アンダマン‐ご【アンダマン語】

〘名〙 インド洋上のアンダマン諸島に住むネグリト系先住民の言語。系統不明。話者人口は激減して消滅の危機に瀕している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android