アンチテーゼ

精選版 日本国語大辞典の解説

アンチ‐テーゼ

〘名〙 (Antithese)⸨アンティテーゼ⸩
① 反対の意見、対立する理論。
※前期自然主義文学(1949)〈瀬沼茂樹〉三「ロマン的な自然解釈にたいするアンチテエゼである」
② テーゼ(定立)に対する語。特定の肯定的主張に対する特定の否定的主張で、弁証法においてヘーゲルが説いたテーゼ、ジンテーゼ(総合)とともに三契機の一つ。反立。反定立。反対命題。対立物。
※弁証法の意味(1933頃)〈田辺元〉四「テーゼ、アンチテーゼ、定立、反定立、というものを綜合統一して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報