コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田辺元 たなべはじめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田辺元
たなべはじめ

[生]1885.2.3. 東京
[没]1962.4.29. 前橋
哲学者。第一高等学校から東京帝国大学数学科に入ったが同哲学科に転じ 1908年卒業。母校東京第四中等学校の教師を経て,東北帝国大学講師として科学哲学を講じ,科学を基礎づける形而上学などを論じた『科学概論』を著わした (1918) 。 19年西田幾多郎に招かれて京都帝国大学哲学助教授,27年教授となる。 22~24年ドイツに留学,この頃から自己の哲学体系を模索し,カントの目的論研究を経てヘーゲル弁証法に対決。『ヘーゲル哲学と弁証法』 (32) をまとめ,ヘーゲルの観念弁証法,マルクス唯物弁証法を止揚したものとして絶対的弁証法を唱えた。 34年『社会的存在論理』において西田哲学を個物を媒介するものなき直観主義として批判し,「場所」の論理に対し「種」の論理を,「即」の論理に対し「媒介」の論理を,「個体存在」の論理に対し「社会存在」の論理を唱えた。「種」の論理は国家,民族を絶対化する危険をもち,事実当時の国家論に応用され無残な結末となった。第2次世界大戦後は『懺悔道の哲学』 (46) などにおいて戦中の自己を反省し軽井沢の山荘にこもり研究に専念し,『キリスト教の弁証』 (48) ,『哲学入門』 (49~53) ,『バレリーの芸術哲学』 (57) などを著作。『田辺元全集』 (15巻,63~64) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

田辺元【たなべはじめ】

哲学者。東京生れ。東北大・京大の助教授を経て,1927年西田幾多郎後任として京大教授。カント主義からヘーゲル研究に進み,西田の影響で〈絶対弁証法〉を説いたが,《社会的存在の論理》で絶対弁証法を〈種の論理〉として具体化し,西田の〈場所の論理〉に対抗した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田辺元 たなべ-はじめ

1885-1962 大正-昭和時代の哲学者。
明治18年2月3日生まれ。昭和2年京都帝大教授。自然科学の哲学的研究から出発し,「絶対弁証法」をとなえ,「種の論理」で西田幾多郎を批判。西田とともに京都学派双璧となる。戦後は「懺悔道としての哲学」をあらわして自己批判をし,親鸞他力に共感する立場から著作活動をつづけた。25年文化勲章。昭和37年4月29日死去。77歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「ヘーゲル哲学と弁証法」「哲学入門」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たなべはじめ【田辺元】

1885‐1962(明治18‐昭和37)
哲学者。東京に生まれ,東京帝大で数学と哲学を学び,東北帝大講師を経て,1927年京都帝大哲学科教授となる。西田幾多郎とともに日本の哲学に一画期を築き,その哲学はしばしば〈田辺哲学〉と称せられる。はじめ大正期の日本の哲学に大きな影響を与えた新カント学派の哲学に学びつつ,近代科学の批判的考究を行ったが,その後西田幾多郎の影響下にカント,ヘーゲルなどドイツ観念論を研究した。やがて昭和期に入ってマルクス主義が日本の思想界に強い影響を与えるようになると,これと批判的に対決しつつ,観念弁証法と唯物弁証法をともに超える〈絶対弁証法〉を主張した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たなべはじめ【田辺元】

1885~1962) 哲学者。東京生まれ。京大教授。マルクス・ヘーゲルの両弁証法を乗り越えようとして絶対弁証法を構想して「種の論理」を主張、これが戦争正当化の論理となったため、戦後は自己批判し、一転して親鸞を中心とする宗教哲学を研究。著「社会的存在の論理」「ヘーゲル哲学と弁証法」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田辺元
たなべはじめ
(1885―1962)

哲学者。東京に生まれる。第一高等学校理科卒業。東京帝国大学文科大学哲学科卒業。初め数学科に席を置いたが、のちに哲学科に転ず。数学ならびに物理学に終生関心強く、また造詣(ぞうけい)深く、1913年(大正2)東北帝国大学理学部講師となる。最初の著書は『最近の自然科学』(1915・岩波書店)、3年後『科学概論』を出版(前出同)。1917年「数理哲学研究」の論文にて文学博士となる。数学、自然科学に造詣が深いといっても、その思索の立場と学識は哲学に立脚するもので、日本の学界では珍しく、かつ独創の価値を存するものであった。そしてこの哲学は実は西田幾多郎(にしだきたろう)のそれであり、1919年西田の招きにより京都帝国大学文学部助教授に就任。その後は本格的な哲学的論文を陸続と発表。西田教授最後の独創的な「絶対無の場所」の哲学の講義とともに「京都学派」の黄金時代を開くようになる。[高山岩男]

田辺哲学――種の論理

西田の停年退職とともに教授となるが、このころより漸次「西田哲学」と趣(おもむき)を異にする哲学的立場が芽生え、やがて「田辺哲学」ともよぶべきものが育成されていく。田辺の講義には大教室がほとんど満員となり、卒業生の数が相当多かった。そのなかには左翼転向の士もおり、田辺は「種の論理」を提唱するようになる。京都帝国大学の機関誌『哲学研究』に連載された「社会存在の論理」(上中下、1934~1935)、「種の論理と世界図式」(1935)、「論理の社会存在論的構造」(1936)等の論文がこれで、西田哲学の場所的論理が「場所」と「個物」の二元構造にたつのに対し、その間に「種」を入れ、「類」「種」「個」の三元構造を唱える論理である。これで田辺は西田哲学に批判的態度をとるようになるが、「種」のもとに田辺の念頭に存したのは「階級」(マルクス主義)と「人種」(ナチス)なのであった。[高山岩男]

懺悔道としての哲学

世界は大動乱の兆しを呈し、日本国内もまた自由思潮と共産思想の弾圧となり、文部省内には教学局が新設されて、言論も教育も表面では自由な表現は危険な時代となった。ついに日本の参戦とともに第二次世界大戦となり、日本の敗戦で全体主義はいちおうその猛威に終了を告げた。田辺は1945年(昭和20)終戦の年の3月で停年退職、自由の身となって群馬県北軽井沢の山荘に移住し、終生この地を離れなかった。翌1946年『懺悔道(ざんげどう)としての哲学』を刊行して注目されたが、これは1944年に京大で行った「懺悔道」と題する講演を基にしたものであった。そして京大時代の教え子の少数には毎夏講義を開き、また、「種の論理」を基盤に据えて、政治から宗教、芸術、科学に至る広範な分野に発言した。1950年に文化勲章受章、1957年西ドイツ(当時)のフライブルク大学創立500年記念の名誉博士号を受けた。1959年実存主義哲学者ハイデッガーの『70歳記念論文集』へ依頼を受けて、Todesdialektik(「死の弁証法」。『生の生存学か死の弁証法か』の一部分)を寄稿。昭和37年4月29日、77歳で死去。宗教に独自の見解をもつ哲学者としていわゆる葬儀を行うことを固く禁じ、邸内に、約10年前に死去した夫人とともに埋葬され、夫妻の記念碑が建っている。
 著書・論文、講演・講義の類は『田辺元全集』15巻にすべて収録。[高山岩男]
『『田辺元全集』全15巻(1963~1964・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田辺元の言及

【数理哲学】より

…現代の連続問題の研究は急速に進展している。日本でも数理哲学は着実な成果をあげており,田辺元《数理哲学研究》(1925),下村寅太郎《無限論の形成と構造》(1944),永井博《数理の存在論的基礎》(1961)と続く思想の系譜が成立している。また近時の分析哲学も数理哲学と深くかかわっている。…

※「田辺元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田辺元の関連キーワードエーザイ[株]東京田辺製薬下村 寅太郎野上 弥生子木村 久夫宮沢 芳重内藤 豊次下村寅太郎カント主義高橋里美昭和時代戸坂 潤中沢新一内藤豊次田辺 元高山岩男合目的性高坂正顕狩野亨吉野田又夫

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田辺元の関連情報