瀬沼茂樹(読み)せぬま しげき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬沼茂樹 せぬま-しげき

1904-1988 昭和時代の文芸評論家。
明治37年10月6日生まれ。昭和8年評論集「現代文学」で注目され,戦後は実証的研究にもとづく「近代日本文学のなりたち」などを発表。伊藤整没後,その遺志をついで「日本文壇史」をかきつぎ完成させた。日大教授,日本近代文学館専務理事。昭和63年8月14日死去。83歳。東京出身。東京商大(現一橋大)卒。本名は鈴木忠直。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せぬましげき【瀬沼茂樹】

1904~1988) 評論家。東京生まれ。東京商大卒。論文集「現代文学」で新心理主義文学などの理論的解明にあたる。戦後は現代文学を社会と個人の関係から捉えた評論などを多数著す。「近代日本文学のなりたち」「近代日本文学の構造」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android