コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンディジャン

百科事典マイペディアの解説

アンディジャン

ウズベキスタンの都市。漢字では安集延。綿花生産の中心。付近で石油,天然ガスを産出する。14―15世紀を通じてフェルガナの中心都市として栄えた。1898年,ロシア軍兵営に対して約2000人のイスラム教徒が蜂起した,〈アンディジャン蜂起〉事件で知られる。
→関連項目ウズベキスタン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンディジャン
あんでぃじゃん
Андижан Andizhan

中央アジア南東部、ウズベキスタン共和国の都市。中国資料では安集延。フェルガナ盆地南東部の要衝で、人口32万3900(1999)。付近は綿花栽培が盛んであり、また石油と天然ガスの産地としても知られる。農業機械、綿花精製その他の工場のほか、教育、文化の施設もそろっている。シルク・ロード上の要衝として、中国のカシュガルと古くから深い関係にあった。住民は中国人によって安集延回子とよばれ、商魂のたくましさで知られた。[加藤九祚]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アンディジャンの関連キーワードルスラン チャガエフアンディジャン事件ウズベキスタン暴動イスラム カリモフカリモフオシュ