コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンディジャン

2件 の用語解説(アンディジャンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アンディジャン

ウズベキスタンの都市。漢字では安集延。綿花生産の中心。付近で石油,天然ガスを産出する。14―15世紀を通じてフェルガナの中心都市として栄えた。1898年,ロシア軍兵営に対して約2000人のイスラム教徒が蜂起した,〈アンディジャン蜂起〉事件で知られる。
→関連項目ウズベキスタン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンディジャン
あんでぃじゃん
Андижан Andizhan

中央アジア南東部、ウズベキスタン共和国の都市。中国資料では安集延。フェルガナ盆地南東部の要衝で、人口32万3900(1999)。付近は綿花栽培が盛んであり、また石油と天然ガスの産地としても知られる。農業機械、綿花精製その他の工場のほか、教育、文化の施設もそろっている。シルク・ロード上の要衝として、中国のカシュガルと古くから深い関係にあった。住民は中国人によって安集延回子とよばれ、商魂のたくましさで知られた。[加藤九祚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンディジャンの関連キーワードウズベクウズベク語ウズベク族石国トルキスタンフェルガナヘラートウズベキスタン暴動コーカンド撒馬児干

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンディジャンの関連情報