コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントコーリスキー Pavel Grigor’evich Antokol’skii

世界大百科事典 第2版の解説

アントコーリスキー【Pavel Grigor’evich Antokol’skii】

1896‐1978
ロシア,ソ連邦の詩人。弁護士の家庭に生まれ,モスクワ大学法学部に学ぶ。1915年よりワフタンゴフの指導する演劇研究所で働き,のちにワフタンゴフ劇場で演出家となる。22年に処女詩集を刊行。第2次大戦中に,叙事詩《息子》(1943)を発表,戦死した自分の息子にささげられたこの詩は,戦時中のソ連市民の気持ちをきびしくまたやさしく表現し,多くの読者の共感をえた。このほか代表的な仕事としては叙事詩《フランソア・ビヨン》(1934),《アルバート街の裏通り》(1954)などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アントコーリスキー
あんとこーりすきー
Павел Григорьевич Антокольский Pavel Grigor'evich Antokol'skiy
(1896―1978)

ソ連の詩人。初めワフタンゴフ劇場で俳優兼作者として活躍。のちに詩人で文芸学者のブリューソフに認められ、詩人となる。1921年から詩を発表、革命的精神にあふれた劇的でロマンチックな作品が多い。代表作は長詩『フランソア・ビヨン』(1934)、戦死した息子をうたった長詩『息子』(1943)、『アルバート街の裏通り』(1954)など。[草鹿外吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アントコーリスキーの関連キーワードアントコリスキ草鹿外吉

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android