アントニオ(読み)あんとにお(英語表記)Antonio Ruiz Soler

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アントニオ
あんとにお
Antonio Ruiz Soler
(1921/1922―1996)

スペインの舞踊家。通称グラン・アントニオ。セビーリャの生まれ。従姉(いとこ)のロザリオRosario(1918―2000)と組み、1928年にデビューした。その後カルメン・ローハCarmen Rojas、ロジータ・セゴビアRosita Segoviaを相手役として踊った。アルヘンティーナやアルヘンティニータがおもにスペイン古典舞踊を踊ったのに対し、彼はファルーカ、アレグリアスなどのフラメンコを踊り、クラシック技法との融合を図って現代のフラメンコ・ダンサーの先駆けとなった。1938年に南米公演を行った後、1940年にニューヨークでデビューを果たし、1966年には旧ソ連公演を実現するなど、ほとんど全世界を巡回公演した。映画『ハネムーン』(1959)に出演したり、ファリャの『恋は魔術師』『三角帽子』などをテレビ番組としてプロデュース(1974)したりしている。汗と狂気のダンサーで、「アンダルシアのドゥエンデ」(踊り手に憑(つ)く魔物)に取り憑かれているようにみえた。

[市川 雅・國吉和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントニオ
Antonio

[生]1921.11.4. セビリア
[没]1996.2.5.
スペインの舞踊家。本名 Antonio Ruiz Soler。5歳のとき,いとこのロサリオと組んでベルギー万国博覧会に出演,天才児チームとして一躍名をなした。 1938年南米に公演し,40年指揮者 L.A.S.ストコフスキーの紹介によりニューヨークでデビュー。その後,自身の舞踊団を組織,66年スペイン市民戦争後初めてのスペイン舞踊団としてソビエトを訪問。クラシックバレエからフラメンコまでレパートリーは広く,映画『ハネムーン』などにも出演した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android