コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントネッリ アントネッリ Antonelli, Luigi

2件 の用語解説(アントネッリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントネッリ
アントネッリ
Antonelli, Luigi

[生]1882. カステルシレンティ
[没]1942. ペスカラ
イタリアの劇作家。いわゆるグロテスク劇を信奉し,同時代の演劇界における中産階級心理主義に対抗した。作風には,やや軽みを帯びた風刺性がある。主作品『自分に出会った男』L'uomo che incontrò sé stesso (1918) ,『三博士の寓話』 La fiabe dei tre maghi (19) ,『猿の島』L'isola delle scimmie (22) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アントネッリ
あんとねっり
Luigi Antonelli
(1882―1942)

イタリアの劇作家。フィレンツェ大学に学び、新聞記者としてブエノス・アイレスに赴任し、帰国後、1915~1920年、旧来の心理主義的ブルジョア演劇に反対し、風刺と幻想に富む戯曲を発表する。いわゆるグロテスク派に属し、ピランデッロに至る道を開くのに貢献したが、後年『巨匠』などの作品で彼を批判した。1931年から10年間『日刊イタリア』紙の劇評を担当する。代表作は『自分に逢(あ)った男』(1918)、『猿の島』(1922)など。[里居正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アントネッリの関連キーワードカステル・デル・モンテカステルデルモンテキシレン樹脂フェスティーナレンテオルトキシレンp-キシレンメタキシレンサクラコンテパステルフェスティバルシティ・アウガプレンティ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アントネッリの関連情報