コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントネッリ Antonelli, Luigi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントネッリ
Antonelli, Luigi

[生]1882. カステルシレンティ
[没]1942. ペスカラ
イタリアの劇作家。いわゆるグロテスク劇を信奉し,同時代の演劇界における中産階級の心理主義に対抗した。作風には,やや軽みを帯びた風刺性がある。主作品『自分に出会った男』L'uomo che incontrò sé stesso (1918) ,『三博士の寓話』 La fiabe dei tre maghi (19) ,『猿の島』L'isola delle scimmie (22) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アントネッリ
あんとねっり
Luigi Antonelli
(1882―1942)

イタリアの劇作家。フィレンツェ大学に学び、新聞記者としてブエノス・アイレスに赴任し、帰国後、1915~1920年、旧来の心理主義的ブルジョア演劇に反対し、風刺と幻想に富む戯曲を発表する。いわゆるグロテスク派に属し、ピランデッロに至る道を開くのに貢献したが、後年『巨匠』などの作品で彼を批判した。1931年から10年間『日刊イタリア』紙の劇評を担当する。代表作は『自分に逢(あ)った男』(1918)、『猿の島』(1922)など。[里居正美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アントネッリの関連キーワードサンティアゴモーレアントネッリアーナInnocentイタリア演劇1月22日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android