コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドリアノフ Andrianov, Nikolai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドリアノフ
Andrianov, Nikolai

[生]1952.10.14. ソビエト連邦,ウラジーミル
[没]2011.3.21. ロシア,ウラジーミル
ソビエト連邦の体操競技選手。フルネーム Nikolai Yefimovich Andrianov。オリンピック競技大会に 3度出場し,男子体操競技で最多の計 15個のメダルを獲得した。12歳のとき体操競技を始めた。1970年にソ連代表チームの一員に選ばれ,1972年ミュンヘン・オリンピック競技大会床運動で金メダル,団体で銀メダル,跳馬で銅メダルを獲得。1976年モントリオール・オリンピック競技大会の床運動,つり輪,跳馬,個人総合で金,平行棒と団体で銀,あん馬で銅の大会最多 7個のメダルに輝き,1980年モスクワ・オリンピック競技大会では団体と跳馬で金,床運動と個人総合で銀,鉄棒で銅と各メダルを獲得した。世界選手権大会でも 1978年の個人総合優勝を含め 12個のメダルを獲得している。革新的な演技スタイルで知られ,1974年にブルガリアで開催された世界選手権大会で,鉄棒初の 3回宙返りの終末技を使った。1980年に現役引退。2001年に国際体操殿堂入りを果たした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンドリアノフの関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広級化層理新藤兼人川島雄三市川崑久松静児森一生成瀬巳喜男日中関係

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android