コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドリアノフ アンドリアノフAndrianov, Nikolai

1件 の用語解説(アンドリアノフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドリアノフ
Andrianov, Nikolai

[生]1952.10.14. ソビエト連邦ウラジーミル
[没]2011.3.21. ロシア,ウラジーミル
ソビエト連邦の体操競技選手。フルネーム Nikolai Yefimovich Andrianov。オリンピック競技大会に 3度出場し,男子体操競技で最多の計 15個のメダルを獲得した。12歳のとき体操競技を始めた。1970年にソ連代表チームの一員に選ばれ,1972年ミュンヘン・オリンピック競技大会床運動金メダル,団体で銀メダル跳馬銅メダルを獲得。1976年モントリオール・オリンピック競技大会の床運動,つり輪,跳馬,個人総合で金,平行棒と団体で銀,あん馬で銅の大会最多 7個のメダルに輝き,1980年モスクワ・オリンピック競技大会では団体と跳馬で金,床運動と個人総合で銀,鉄棒で銅と各メダルを獲得した。世界選手権大会でも 1978年の個人総合優勝を含め 12個のメダルを獲得している。革新的な演技スタイルで知られ,1974年にブルガリアで開催された世界選手権大会で,鉄棒初の 3回宙返りの終末技を使った。1980年に現役引退。2001年に国際体操殿堂入りを果たした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンドリアノフの関連キーワード級化層理日中関係日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣ジョージ三等重役オリンピック音楽コンクール中山悌一

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone