平行棒(読み)へいこうぼう(英語表記)parallel bars

  • へいこうぼう ヘイカウ‥
  • へいこうぼう〔ヘイカウ〕

翻訳|parallel bars

デジタル大辞泉の解説

器械体操用具の一。長さ3.5メートルの2本の平行な木棒を、1.7メートル前後の高さで台脚に固定したもの。平杆(へいかん)。
男子体操競技種目の一。1を使って倒立・回転・姿勢保持などを行う。
歩行訓練リハビリ用の器具

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

体操競技男子種目の一つ。鉄柱で支えられた2本の平行な横棒(長さ350cm,内側間隔42〜52cm,高さ195cm)を使用し,振りあがり,蹴(け)あがり,倒立,方向転換,宙返りなどの運動を連続的に行う。ドイツ体操のなかで器具も技も磨かれた。もともとは木馬の代りとなる乗馬訓練用の簡易器具。→段違い平行棒
→関連項目器械体操

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

器械体操の用具の一。平行な二本の横木を台脚にとりつけたもの。平杆へいかん
男子の体操競技の種目の一。を用いて演技するもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 二本の横木を平行にわたした体操用具。回転、倒立などの運動を行なう。また、その体操競技。平杆(へいかん)
※風俗画報‐三三四号(1906)遊芸門「器械 水平棒並行棒等を用ふる腰部の運動」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の平行棒の言及

【体操】より

…このように,体操を近代科学(生理学,解剖学など)に基づいて理論化し,方法化しようという傾向はデンマーク体操にも受け継がれ,その後の北欧体操の発展の方向を決定づけることになった。一方,ヤーンのトゥルネンは政治的な非合法活動であるとして,ときのプロイセン政府から弾圧(1820年,トゥルネン禁止令)され,政治色を抜きにした純粋な運動技術の習熟をめざすことになり,水平木棒(今日の鉄棒),平行棒,あん馬をはじめとする器械運動に活路を求めた。また,学校教育のなかに体操を導入しようとしたシュピースA.Spiess(1810‐58)は身体運動を〈関節の可動性の原理〉に従って部分運動に分類し,やさしい運動からむずかしい運動を段階的に習得する徒手体操を体系化した。…

※「平行棒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平行棒の関連情報