アンドレ コント・スポンヴィル(読み)アンドレ コントスポンヴィル(英語表記)André Comte-Sponville

現代外国人名録2012の解説

アンドレ コント・スポンヴィル
アンドレ コントスポンヴィル
André Comte-Sponville


国籍
フランス

専門
哲学

肩書
ソルボンヌ大学

生年月日
1952

経歴
ソルボンヌ大学で教鞭を執る哲学者。明晰な論理と魅力的な文章で、日常生活に役立つ哲学を提唱し、哲学ブームを巻き起こす。テレビや新聞、雑誌でも活躍し、著書「ささやかながら、徳について」はフランスで30万部を突破、世界20ケ国で翻訳されるベストセラーとなる。他の著書に「精神の自由ということ 神なき時代の哲学」など。国立倫理委員会委員も務める。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android