アンドレ スピール(英語表記)André Spire

20世紀西洋人名事典「アンドレ スピール」の解説

アンドレ スピール
André Spire


1868.7.28 - 1966.7.29
詩人,小説家,評論家,法学博士
元・作家国民戦線副議長。
フランス東部ナンシー生まれ。
裕福なユダヤ人家庭に生まれ、若くして法学博士となり、官吏として優秀な業績をあげた。ヨーロッパのユダヤ人迫害の風潮に対して、第二次大戦中には反ナチス抵抗運動(レジスタンス)で活躍した。プロレタリア階級意識とユダヤ人問題を基調とした詩集に「現在の都市」(1903年)、「ユダヤ詩集」(’08年)、伝記として「イズラエル・ザングヴィル」(’09年)、研究書として「ユダヤ人と半ユダヤ人」(’28年)などの作品が多数ある。第二次大戦後はニューヨークへ亡命している。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典「アンドレ スピール」の解説

アンドレ スピール

生年月日:1868年7月28日
フランスの詩人
1966年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android