コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンド回路 アンドかいろAND circuit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンド回路
アンドかいろ
AND circuit

デジタルコンピュータなどにおける基本的論理動作の一つである論理積に必要な回路で,ゲート回路ともいう。基本的動作として,n個の入力端子のすべてに信号 (正パルス) が入った場合にだけ動作する論理積回路である。これに対し n個の入力端子のいずれかに信号があれば動作する回路をオア回路 OR circuit,論理和回路という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アンドかいろ【アンド回路】

論理積の演算を行う論理回路。二つ以上の入力がすべて真のときのみ、一つの出力が真となるもの。論理積回路。 → 論理回路

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンド回路
あんどかいろ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アンド回路の関連キーワードAND 回路保護リレーナンド回路論理積回路