コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンヌ・ド・ブルターニュ アンヌ・ド・ブルターニュAnne de Bretagne

1件 の用語解説(アンヌ・ド・ブルターニュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンヌ・ド・ブルターニュ
Anne de Bretagne

[生]1477.1.25. ナント
[没]1514.1.9. ロアールエシェール,ブロア
フランス王シャルル8世およびルイ 12世の妃。ブルターニュ公フランソア2世の娘。 1491年シャルルと結婚。シャルルの死後,1499年ルイと結婚。両王の王妃となることによって,ブルターニュフランス王国にもたらした。また,文芸の保護者でもあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンヌ・ド・ブルターニュの関連キーワード石神井城妙心寺相模原市命の大切さを学ぶ授業ウプサラ応仁の乱史記抄ジョルジョーネチュービンゲンウプサラ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone