きつい

精選版 日本国語大辞典「きつい」の解説

きつ・い

〘形口〙 きつ・し 〘形ク〙
① 感覚に受ける刺激が強い。
※史記抄(1477)一四「石之為薬精悍とは精かきつくきふい心ぞ」
司令の休暇(1970)〈阿部昭〉一「もう日射しがきつかった」
② いいかげんなことでは許さないさま。厳しい。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※歌舞伎・傾城壬生大念仏(1702)中「父様のきつい詮議に逢ふて」
③ こらえたり、なしとげたりするのが大変である。たえがたくつらい。
※土井本周易抄(1477)四「家を治めはきつからうぞ」
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉六「ああたがまた来たかちう顔ばした時ア、俺ア本当にきつかった」
④ 人の気性がはげしく勝気である。また、そのように感じさせる様子である。
※史記抄(1477)一九「言は性がきりきざむ様にきつうて遠慮がないぞ」
の実(1913)〈鈴木三重吉〉一一「もともとひどく感情のきつい人で」
※抱擁家族(1965)〈小島信夫〉二「『向うへ行ってよ』ときつい声で叫んだ」
⑤ 物理的にすき間がない。ゆるみがない。また、せまくて窮屈だ。
※交尾(1931)〈梶井基次郎〉一「彼等はお互にきつく抱き合ったまま」
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「緒のきつい草履を」
⑥ 程度がはなはだしい。大変な程度である。ひどい。
※三体詩幻雲抄(1527)「漢には為父きつい孝心なり」
浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)七「羽左衛門もきつゐ評判でござります」
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮垣魯文〉九「どこか強(キツ)く痛めたと見へるぜ」
⑦ ある行為やことば、状況などに対して、それが普通でないことを感嘆の気持を込めていう。たいしたものだ。
※浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)上「問つめられて間似合詞(まにあひことば)『きついかきついか』」
⑧ 全くその通りである。
※洒落本・通言総籬(1787)二「『むかふからくるのはだれだと思ふ』『竹屋の哥衣さ』『こいつはきつい』」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「きついきつい、違あるめへ」
[補注]江戸語では、「きつい」の形で、形容詞、形容動詞などに続く、副詞的な用法の例がみられる。「名歌徳三舛玉垣‐五立」の「雨の降るのはきつい嫌い」など。
きつ‐げ
〘形動〙
きつ‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「きつい」の解説

きつ・い

[形][文]きつ・し[ク]
物事の程度がはなはだしい。「―・い勾配こうばい」「日ざしが―・い」
鼻やなどへの刺激が強い。「―・いにおい」「―・い酒」
力の入れ方・加わり方が強い。「洗濯物を―・く絞る」「目を―・く閉じる」
ゆとりがなく、窮屈である。「帯が―・い」「去年の服が―・くなった」
規律要求などが厳しい。「―・いおきて」「―・く戒める」
ある事柄をこなしたり、それに耐えたりするのが容易でない。「仕事が―・い」「からだが―・い」
気性が激しい。気が強い。「―・いところのある子」「目つきが―・い」
[派生]きつがる[動ラ五]きつさ[名]
[類語](1ひどい激しいすごい厳しい固い険しい鋭いぎゅっときゅっとがっちりかっちりしかひしと強いどぎつい手ひどいものすごい手厳しい辛辣はなはだしい桁外れ桁違い並外れ格段著しいすさまじい猛烈痛烈強烈苛烈熾烈しれつ/(3固いがっしりがっちりしっかり/(4窮屈狭苦しいせせこましい手狭てぜま狭小狭隘きょうあい狭窄きょうさく狭い偏狭猫のひたい手狭い猫額びょうがく所狭い方寸尺寸せきすん寸土立錐の地ナロー/(5厳しい厳格厳重厳酷厳正冷厳峻厳しゅんげん峻烈しゅんれつ苛酷かこくこく容赦ようしゃない仮借かしゃくない険しい鋭い激しいひどい手痛い手厳しい手ひどいこっぴどい辛辣しんらつびしっと痛烈シビアすさまじい猛烈強烈苛烈熾烈しれつ強い強力強大無敵最強力強い手強い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android