コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンピン(安平) アンピンAnping

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンピン(安平)
アンピン
Anping

タイワン(台湾)南西部,タイナン(台南)市の市街地西方にある集落。タイワン(台湾)海峡から市街へ通じる小運河に臨む。天啓4 (1624) 年オランダ人がゼーランディア城を築いて,現在の市街地にあたるプロビデンシアの港とした。以後,タイワンの最重要港となり,鄭成功の時代に安平鎮と名づけられた。土砂の堆積によって外航船の停泊が困難となり,同治2 (1863) 年カオシュン(高雄)市の開港以後は漁業を主とするようになった。付近に塩田や養魚場がある。ゼーランディア城趾は安平古堡と呼ばれ,観光名所となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンピン(安平)の関連キーワードタイナン(台南)市

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android