コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安平 あびら

5件 の用語解説(安平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安平
あびら

北海道南西部,安平町中央部の旧村域。夕張山地馬追丘陵の間の由仁安平低地に位置する。 1906年村制施行。 1952年村域の一部が分離し追分村設置 (1953町制施行) 。 1954年早来村と改称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あん‐ぺい【安平】

[名・形動ナリ]《「あんべい」とも》
安らかで穏やかなこと。また、そのさま。
「四海の―、掌(たなごころ)の内に照らし」〈浄・吉野忠信〉
むずかしくないこと。また、そのさま。安易。
「さては―ごさんなれとて、修行にぞ出でにける」〈平家・五〉
軽んじること。安っぽく扱うこと。また、そのさま。
「人を―にいふとき、おれらがといふは」〈塵袋・一〇〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

安平【あんぺい】

台湾の台南市西郊にある外港。明代の万暦年間に漢民族が移住。1624年にオランダ東インド会社が占拠してゼーランジア城を築き,台南市内のプロビンチアとともに貿易・経営の中心とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

あんぺい【安平】

( 名 ・形動ナリ )
〔「あんべい」とも〕
やすらかで穏やかなこと。安穏。安泰。 「四海の-掌たなごころの裡うちに照らし/浄瑠璃・吉野忠信」
容易なこと。やさしいこと。 「さては-ごさんなれ/平家 5
安っぽいさま。気軽なさま。 「人を-に云ふ時、おれらがといふはわれらがと云ふ心か/塵袋」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安平
あんぺい / アンピン

台湾の南西部にある台南市の一地区。台南市中心部の西約5キロメートルに位置し、台湾海峡に臨む小漁港があり、史跡地でもある。鯤(こんしん)ともよぶ。1623年オランダ人が台湾南部を占領し、この地にゼーランディア城(現、安平古堡(こほ))を築いた。この城は別名を紅毛(こうもう)城、番仔(ばんし)城または王城とよび、台湾最初の城であった。1661年、鄭成功(ていせいこう)が攻略し安平鎮(ちん)と改名、以後台湾府の所在地台南の外港として繁栄したが、曽文渓(そぶんけい)から流入する土砂の堆積(たいせき)により、しだいに港湾機能を失った。現在では城址(じょうし)が昔日のおもかげをしのばせている。[劉 進 慶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安平の関連情報