コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安平 あびら

5件 の用語解説(安平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安平
あびら

北海道南西部,安平町中央部の旧村域。夕張山地馬追丘陵の間の由仁安平低地に位置する。 1906年村制施行。 1952年村域の一部が分離し追分村設置 (1953町制施行) 。 1954年早来村と改称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あん‐ぺい【安平】

[名・形動ナリ]《「あんべい」とも》
安らかで穏やかなこと。また、そのさま。
「四海の―、掌(たなごころ)の内に照らし」〈浄・吉野忠信〉
むずかしくないこと。また、そのさま。安易。
「さては―ごさんなれとて、修行にぞ出でにける」〈平家・五〉
軽んじること。安っぽく扱うこと。また、そのさま。
「人を―にいふとき、おれらがといふは」〈塵袋・一〇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

安平【あんぺい】

台湾の台南市西郊にある外港。明代の万暦年間に漢民族が移住。1624年にオランダ東インド会社が占拠してゼーランジア城を築き,台南市内のプロビンチアとともに貿易・経営の中心とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

あんぺい【安平】

( 名 ・形動ナリ )
〔「あんべい」とも〕
やすらかで穏やかなこと。安穏。安泰。 「四海の-掌たなごころの裡うちに照らし/浄瑠璃・吉野忠信」
容易なこと。やさしいこと。 「さては-ごさんなれ/平家 5
安っぽいさま。気軽なさま。 「人を-に云ふ時、おれらがといふはわれらがと云ふ心か/塵袋」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安平
あんぺい / アンピン

台湾の南西部にある台南市の一地区。台南市中心部の西約5キロメートルに位置し、台湾海峡に臨む小漁港があり、史跡地でもある。鯤(こんしん)ともよぶ。1623年オランダ人が台湾南部を占領し、この地にゼーランディア城(現、安平古堡(こほ))を築いた。この城は別名を紅毛(こうもう)城、番仔(ばんし)城または王城とよび、台湾最初の城であった。1661年、鄭成功(ていせいこう)が攻略し安平鎮(ちん)と改名、以後台湾府の所在地台南の外港として繁栄したが、曽文渓(そぶんけい)から流入する土砂の堆積(たいせき)により、しだいに港湾機能を失った。現在では城址(じょうし)が昔日のおもかげをしのばせている。[劉 進 慶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安平の関連キーワードあかんべいあんべいだんべい瓦煎餅骨煎餅煎餅汁えび入りおこげせんべい黒胡麻せんべい海苔巻せんべいまがりせんべい

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安平の関連情報