コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンモニウム明礬 アンモニウムミョウバン

デジタル大辞泉の解説

アンモニウム‐みょうばん〔‐ミヤウバン〕【アンモニウム明×礬】

アンモニウムイオンNH4を1価の陽イオンとして含む明礬の総称。通常は(NH4)Al(SO42・12H2Oをさす。無色の正八面体結晶。鉄、クロム、コバルトなどが入ったものも含めることがある。媒染剤、食品添加物に用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android