コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンモニウム明礬 アンモニウムミョウバン

1件 の用語解説(アンモニウム明礬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アンモニウム‐みょうばん〔‐ミヤウバン〕【アンモニウム明×礬】

アンモニウムイオンNH4を1価の陽イオンとして含む明礬の総称。通常は(NH4)Al(SO42・12H2Oをさす。無色の正八面体結晶。鉄、クロムコバルトなどが入ったものも含めることがある。媒染剤食品添加物に用いられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アンモニウム明礬の関連キーワードイオン炭酸アンモニウムアンモニウム肥料アンモニウム紺青白金海綿ミョウバン(明礬)硝酸性窒素テイラライト

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone