コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン酸アンモニウム リンさんアンモニウム ammonium phosphate

3件 の用語解説(リン酸アンモニウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン酸アンモニウム
リンさんアンモニウム
ammonium phosphate

次の3種の正塩または水素塩がある。 (1) リン酸水素二アンモニウム  (NH4)2HPO4 。第二リン酸アンモニウムともいう。単にリン酸アンモニウムといえばこの化合物をさし,リン安と俗称されることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リン酸アンモニウム
りんさんあんもにうむ
ammonium phosphate

2種の水素塩と正塩が知られており、通常リン酸アンモニウムというときは一水素塩(NH4)2HPO4をいうことが多く、これはまたリン安とよばれて肥料に用いられる。
(1)リン酸アンモニウム 俗称第三リン酸アンモニウム。化学式(NH4)3PO4、式量149.09。リン酸一水素二アンモニウム(NH4)2HPO4と塩化アンモニウムの混合溶液を熱してからアンモニア水を加えて結晶を析出させると、三水和物(NH4)3PO43H2Oが得られる。無色の柱状晶。空気中に放置するとアンモニアを失う。水によく溶ける。水溶液を熱すると(NH4)H2PO4を生ずる。
(2)リン酸一水素二アンモニウム 俗称第二リン酸アンモニウム。化学式(NH4)2HPO4、式量132.06。リン酸水溶液に必要量のアンモニアを加えて得られる。無色の結晶。密度1.619。15℃の水100グラムに131グラム溶ける。アセトンに不溶である。熱すると155℃でアンモニアを失って(NH4)H2PO4となる。銅、黄銅などの蝋(ろう)付け用融剤、培養基などとして、また肥料として多く用いられる。
(3)リン酸二水素アンモニウム 俗称第一リン酸アンモニウム。ADPと略記される。化学式(NH4)H2PO4、式量115.03。リン酸水溶液に必要量のアンモニア水を加えて得られる。無色の結晶。密度1.803(19℃)。水100グラムに22.7グラム(0℃)、173.2グラム(100℃)溶ける。190℃で融解し、190.5℃で分解し始め、メタリン酸アンモニウム(NH4PO3)nとなる。(NH4)H2PO4の単結晶は圧電率、誘電率が大きいので、巨大単結晶をつくって高周波発振子に用いられている。また緩衝剤、培養基としても用いられる。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リン酸アンモニウムの関連キーワード正塩炭酸水素ナトリウムラテン方陣炭酸水素塩燐酸アンモニウム炭酸水素塩泉フェニル亜硫酸水素塩フッ化アンモニウム(弗化アンモニウム)水素塩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リン酸アンモニウムの関連情報