リン酸アンモニウム(読み)りんさんあんもにうむ(英語表記)ammonium phosphate

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リン酸アンモニウム
りんさんあんもにうむ
ammonium phosphate

2種の水素塩と正塩が知られており、通常リン酸アンモニウムというときは一水素塩(NH4)2HPO4をいうことが多く、これはまたリン安とよばれて肥料に用いられる。

(1)リン酸アンモニウム 俗称第三リン酸アンモニウム。化学式(NH4)3PO4、式量149.09。リン酸一水素二アンモニウム(NH4)2HPO4と塩化アンモニウムの混合溶液を熱してからアンモニア水を加えて結晶を析出させると、三水和物(NH4)3PO4・3H2Oが得られる。無色の柱状晶。空気中に放置するとアンモニアを失う。水によく溶ける。水溶液を熱すると(NH4)H2PO4を生ずる。

(2)リン酸一水素二アンモニウム 俗称第二リン酸アンモニウム。化学式(NH4)2HPO4、式量132.06。リン酸水溶液に必要量のアンモニアを加えて得られる。無色の結晶。密度1.619。15℃の水100グラムに131グラム溶ける。アセトンに不溶である。熱すると155℃でアンモニアを失って(NH4)H2PO4となる。銅、黄銅などの蝋(ろう)付け用融剤、培養基などとして、また肥料として多く用いられる。

(3)リン酸二水素アンモニウム 俗称第一リン酸アンモニウム。ADPと略記される。化学式(NH4)H2PO4、式量115.03。リン酸水溶液に必要量のアンモニア水を加えて得られる。無色の結晶。密度1.803(19℃)。水100グラムに22.7グラム(0℃)、173.2グラム(100℃)溶ける。190℃で融解し、190.5℃で分解し始め、メタリン酸アンモニウム(NH4PO3)nとなる。(NH4)H2PO4の単結晶は圧電率、誘電率が大きいので、巨大単結晶をつくって高周波発振子に用いられている。また緩衝剤、培養基としても用いられる。

[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン酸アンモニウム
リンさんアンモニウム
ammonium phosphate

次の3種の正塩または水素塩がある。 (1) リン酸水素二アンモニウム  (NH4)2HPO4 。第二リン酸アンモニウムともいう。単にリン酸アンモニウムといえばこの化合物をさし,リン安と俗称されることもある。無色,単斜晶系の結晶。融点 170℃ (分解) 。単肥として,あるいは他の肥料要素と配合して複合肥料として用いられる。最近では葉面散布剤として,その効果が認められている。 (2) リン酸二水素アンモニウム  NH4H2PO4 。第一リン酸アンモニウムともいう。無色の結晶 (正方晶系) 。比重 1.80,空気中で安定。炭酸水素ナトリウムと混ぜてベーキングパウダー,紙や木材の防火処理剤,圧電素子として水中聴音器などに利用される。 (3) リン酸三アンモニウム  (NH4)3PO4 。第三リン酸アンモニウムともいう。無色柱状晶。空気中では不安定で,アンモニア1分子を失いやすい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

リン酸アンモニウム
リンサンアンモニウム
ammonium phosphate

(NH4)3PO4(149.09).リン酸三アンモニウム(triammonium phosphate),第三リン酸アンモニウムともいう.リン酸に大過剰のアンモニアを加えると得られる.リン酸二水素アンモニウム(NH4)H2PO4水溶液と塩化アンモニウム水溶液の混合物を加熱し,アンモニア水を加えて冷却すると三水和物が得られる.三水和物は無色の柱状単斜晶系結晶.密度1.42 g cm-3.溶解度55.5 g/100 g 水(10 ℃).空気中でアンモニアを失って(NH4)2HPO4,(NH4)H2PO4になる.加熱すると155 ℃ 以上でアンモニアを失って(NH4)H2PO4になる.[CAS 10361-65-6:(NH4)3PO4][CAS 25447-33-0:(NH4)3PO4・3H2O][別用語参照]リン酸水素アンモニウム

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android